少々昔の話で恐縮ですが、私がまだ社会人1年生だった頃、若者の通信手段がポケベルから携帯電話に移行する直前の時期です。



今では考えられないと思いますが、当時ポケベルで彼女と連絡をとりあっていましたが、文字数の非常に少ないカタカナが伝わる程度で、携帯電話で直接話ができるというのは夢のような状況でした。



時代はまだアナログ携帯電話全盛の時期で、携帯電話本体もなかなか大きく、若者が手にするにはお世辞にもオシャレとは言えるものではありませんでした。そこにdocomoからデジタルmovaというシリーズでデジタル携帯電話がリリースされることになり、非常にコンパクトで持っているだけでちょっといい気になれる、そんなアイテムでした。



携帯電話の本体価格は概ね6~7万円。現在のスマートフォンとあまり変わり有りませんが、当時は携帯電話会社の割賦契約なんてものはありませんでした。つまり、携帯電話を購入するということは、一括で6~7万円を支払う必要があったのです。



貯金をすればいいというのは分かっていますが、若い二人なのでどうしても早く携帯電話のある便利な状況をつくりだしたく、二人で相談してアコムで借りるということになりました。



実は彼女は数年前からアコムを利用しており(この時は借入はありませんでした)、ボクは全く初めて。彼女のカード枠は当時20万円程度まで融資されるものだったので、問題なし。あとはボクです。



家族以外からお金を借りるなんて事は生まれてこの方初めてだったので非常に緊張したのを覚えています。当時から無人契約機は街のあちこちに設置されていたので、そこで契約することに。



勤務先や自宅の住所など記入していくうちに「審査におちたらどうしよう」とか「家に連絡がいったらどうしよう」といった色んな不安がありました。あんまり不安だったのでオペレーターの方に「家に連絡しますか?」と聞いた覚えがあります。もちろん自宅に連絡などいきません。



ただ、勤め先には在籍確認ということで、知人のフリをして私が勤務先に連絡するということでした。



少々の時間待ったあと(申し込み開始から1時間程度)無事審査を通過、しかしカードローンどころか、クレジットカードも信販ローンも使ったことが無い私には実績がなく、得られた限度額は5万円。



それでも少し足せば携帯電話は購入できるので借りる事にしました。



無事、携帯電話の契約も済ませ、その後は貯金間隔で返済して、どうしても必要な時だけ利用するということで、お守りのようにローンカードを持つようになりました。

ローンと目的について

何か大きな買い物をする時、何百万や何千万もかかるとなると、さずがに一括現金払いは難しいですよね。貯金があったとしても、何かあった時の為に置いておきたいですし、頭金程度にして、後はローンを組んで支払いをする人も多いでしょう。初めから、ローンでないと購入できない人だっているでしょう。

さて、ローンと言っても様々です。ただ銀行に行って「ローンを組みたいです」と言っても無理です。何を目的としてローンを組むのかが大切になってきて、その目的に合ったローンを選ばなければいけません。

住宅ローン、自動車ローン、教育ローンなど、たくさんのローンがありますが、基本的に分かりやすい名前になっています。

そのままです。家を買うなら住宅ローン。車を買うなら自動車ローン。入学資金など学校関係に必要ならば教育ローンなど、名前の通りのローンを選べばよいでしょう。

ローンを組む時は、ローンを組みたい金額ではなく、目的で選ばなければいけません。

つまり、家を購入する金額が3000万円必要だった場合、3000万円を上回る金額のローンを組む事はできないのです。この家を買いたいと思ってからでないと実際にローンを組む事もできません。自分はどれくらいのローンを組めるかの目安を見てくれる事はありますが、実際にローンの金額が決定するのは、家を申し込んでからです。車の場合も、教育ローンの場合も他の場合も、その目的に相応する金額になります。住宅ローンを組むならば、住宅を購入する証明が必要になるという事です。

旦那とは同棲してからの結婚だから未だに旦那と財布が別で、少ない生活費の中でやりくりしている我が家。私のパート代も家計のお金と理解している旦那がくれる生活費と合わせて月10万で旦那のタバコからガソリンなど雑費から食費、車のローンや保険代や携帯代や子供の保育料まで支払っているのに、旦那はまだ余裕があると思うのか、時々電気代の数千円を支払わせようとしてくる。



本当に頭にくる。全ての支払いをすると手元には僅か2万。その中でお米も買うし、旦那のお昼の飲み物も買って来ているのに...。プロミス 増額



子供だってまだオムツがとれないからそれさえも痛いのに絶対わかってない!そのくせ旦那は月に1回は一万ぐらいの自分の買い物をする。飲み会だって平気で参加する。旦那のお小遣いは決めてないけど、ずっと洋服も買ってない私に何か買うか?とか美味しい物食べたらとかお小遣いをくれてもバチは当たらないと思うんです。



普段は浪費はしないんですよ。旦那って。でも男の見栄?先輩の見栄?で会社の飲み会行くと会費が3千円でも5千円払う人なんです。二次会なんてカラオケ1人5千円払うやつ。そしてそそくさ帰って来る。そして私に会社でのコーヒー代をせがんで来る。バカじゃない?って思ってしまう瞬間です。それでも肉体労働してお給料を貰ってくるので、水分不足で倒れられたほうが損なので渡しますが、この時だけはアホ、バカを通り越した他人にしか思えません。



足りない分はクレジットカードで買ったり、実家から野菜やお肉など貰ってなんとか生活を乗り越えているのに、旦那はきっといつでも私はお金を持っていると思っているんです。

最近ではテレビCMでも放送しているように、消費者金融は身近な借入先として人気がありますが、即日で借りるために心得ておくには基本的な事を知っておく必要があります。



即日で借りるためには、窓口やATMでの操作で借り入れを行う方法もありますが、一番簡単な方法はインターネットで申し込みをする方法です。



ですが、インターネットで申し込みをする場合でも、当日の14時までには申し込みをし、審査と契約完了までを終わらせておかないといけません。当日までに審査が終わっている状態なら、即日で借りることができますので、その後はATMで限度額までなら借りることが可能です。

18歳からのキャッシング

18歳を超えれば、キャッシングを利用することは可能なのでしょうか?結論からいえば、不可能ではありません。キャッシングの利用を20歳からとしている業者も多いですが、探せば18歳から利用OKのところもありますし、18歳でもきちんとした定職についていて、社会的信用もある状態なら、借りられる可能性もあるでしょう。

ただ、キャッシングでは「返済能力」を何よりも問われます。つまり、安定した収入があるのか、その収入は将来的に続くものなのかなど、通常よりも厳しく審査されると思っていて良いでしょう。現在は、総量規制といって、収入の3分の1を超える額を貸し付けてはいけないことになっていますから、キャッシングの審査は以前と比較すると通りにくくなっているという背景もあるのです。年齢だけを見ると「信用力」はどうしても劣りますから、どうしても借りたい場合には、18歳以上でも対象としているところに複数申し込んでおく、などの工夫が必要になるでしょう。

ただ、18歳の方が、実際どれだけ「どうしてもお金を用意しなくてはならない」ケースがあるかを考えてみると、そのお金が本当に必要なのか、一時的に家族などに借りることでは凌げないのか、をシビアに考えてみるのが第一なのかもしれません。キャッシングは便利である反面、リスクもデメリットもあるものです。気軽に利用するのではなく、本当に自分にとって必要なのかを、今一度吟味してみることをオススメします。

消費者金融などでは初回利用時に数日間無利息っていうのがあります。

これは得した気分ですよね。

お金を借りているのに、利息を一円も払わなくて良いわけですから。



もちろん私も利用しました。

給料日に全額返済出来るので、これを利用しない手はないと。

キャッシング額がたいした事はないので、利息もたいした事ありませんが、とても得した気分でした。



会社によって無利息の日数は違いますが、短いところで一週間、長いところでは約一ヶ月というところまで。

これらを上手く使っていけば、数回は無利息でのキャッシングが可能という事ですね。

そんなにお金を借りる機会はありませんが、また借りる事になった場合、また無利息期間がある消費者金融でお金を借りたいと思います。

バグ続きなので

今日も少しプレイしていた訳ですが・・・。

コロシアムでいろんな敵と戦うに当たり、いろいろなメンバーを探さないといけないのですが、
肝心の検索画面で他の勇者をクリックする際に、1分以上「NOW Loading・・・」になる時があります。運が悪いと数人続けてこの状態になります。

正直やってられんこれは、ちょっとプレイを休止しますか・・・。アイフル 追加融資

再開するとすれば、装備セットの保存・装備スキルの属性でも検索可能この辺りが実装されたらでしょうか?いろいろな戦友さんにお世話になりました!

カードローンの普及への不安感

先日コンビニに入り求人情報誌を探していると、たまたまカードローンの申込用紙が目に入った。
コンビニは何でも揃っているなという思いと同時に、こんな身近にまでカードローンが存在する事を
知った私は簡単に借金を出来るという現実に身震いした。
幸い私は借金をする程貧しくは無かったが、参考にしたいと思い申し込み用紙を持ち帰り家で
内容を確認してみた。そこには契約書と書き方の見本が入っており、二十分程で必要事項を埋める事が出来た。
後はこれをポストに入れれば借金が出来てしまう、働いてお金を稼ぐよりも簡単に借りれてしまうという
この現実が恐ろしくなった私は申込用紙をそっと引き出しの奥にしまった。
これのお世話にはなりたくないと思いながら。

買い物し過ぎた結果・・・

UFJニコスカードを利用していたのですが、毎月の支払いがきつくなってきました。
そこで、リボ払いに変更したのですが、それがそもそもの間違いでした。
買い物はどんどんする。支払いはリボ払いなので、毎月、一定額。
1年ほどもたつと、120万円を超える借金になっていました。
15%の利率はかなり負担でした。
そこではじめて旦那に相談しました。当然、こっぴどく叱られました。
少しでも利率が低いカードローンに借り替えるしかないという、話し合いの結果になりました。
りそな銀行、東京銀行などに相談に行きましたが、どれも金利が高く、最終的にはろうきんでカードローンを借りることにしました。
月に2万円ずつ、返済しています。
二度と借金は作らないと胸に決めています。

スマホはお金がかかります

やっぱり家計のことを注意して見ていると、私のスマートフォン代がかなり家計を圧迫しているんだな~と最近改めて思いました。特にたくさん電話をしているつもりはないし、メールだって多くやり取りしているわけじゃないというのに、毎月のスマホ料金は私が思っている以上になっています。
http://xn--u8ja9pjas4o9dwe5nha0eufc.com/カードローン初心者に必ず見て欲しいサイトです。
それを考えるとスマホってお金がかかって嫌だな~と思うんですが、だからと言ってスマホがない生活はもはや考えられなくなっていて、これからどうしていくか考えています。